エチオピアイルガチェフG1ナチュラル コンガ組合 150g

¥ 1,550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    クリックポストとは日本郵便の配送サービスです。

    全国一律 0円

エチオピアのコーヒー豆は、通称“モカ”と呼ばれ、多くのコーヒー愛好家に親しまれています。
こちらは標高2500m~2600mに位置する、エチオピアの南シダモ地方イルガチェフ地区で栽培されたもののみを使用。中でも最高品質とされるG1グレードのものは非常に入手困難です。
 
コーヒーの製法は大きく分けると「ナチュラル」と「ウォッシュド」の2つがあります。ナチュラルはコーヒーの実を丸ごと乾燥させる製法。収穫したコーヒーの実を手を加えずに重ならないように広げてそのままの状態で乾燥させます。やがて水分を失い、レーズンのようになったコーヒーの実を脱穀すると生豆ができあがります。この生豆の精製所であるコンガ組合は、精製技術が高く、トップ・スペシャルティとしての地位を確固たるものとしています。
 
朝露をまとったジャスミンのようなフラワリーな香りと、バレンシアオレンジのようにみずみずしくフルーティなコク、口の中全体を包み込むような心地よい甘みはナチュラル製法ならではのもの。飲む人すべてを魅了する、まさにスペシャルなコーヒーです。
※品種はEthiopia abyssiniaという在来種で、コーヒー豆の原種に近いものです。
 
☕エチオピアはコーヒー発祥の地で、ここからモカ港を経由して世界中にコーヒーの種や苗木が流通したと言われています。ケニア、タンザニアの人々は紅茶を飲むのに対し、エチオピアの人々は日常的にコーヒーを愛飲しています。
 
香り ★★★★★
コク ★★★☆☆
酸味 ★★☆☆☆
苦味 ★★☆☆☆
甘味 ★★★★☆

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する